コミュニケーションの達人に学ぶ

さんまさんに学ぶ!初対面の人とコミュニケーション


初対面の人との話の広げ方

本人
連日テレビで大活躍する明石家さんまさん


タレントとして、各方面で引っ張りだこの人物の一人である明石家さんまさん。

さんまさんの番組の形式で多いのは、大人数をゲストで読んで、話を振って、広げていく、という形式。


この形式の場合は、話を広げることが、結構難しいと思うのですが、
さんまさんはいとも簡単にやってのけてしまいます。


そこには、どのような秘密があるのでしょうか。




さんまさんの話を広げる技術


『踊るさんま御殿』の中でのゲストとのやり取りをみていて、
コミュニケーション能力の高さを垣間見たので、
その点から紹介をさせて頂ければと思います。


下記は、ゲストの方とのやり取りです。



(さんまさん)最近、ドラマに出られてますよね?

(ゲスト)はい!主演が決まりました。

(さんまさん)芸能界には、長くいらっしゃるの?

(ゲスト)そうですね。もう6年ほどになりますね。

(さんまさん)最初は、モデルをやっていたんだよね?

(ゲスト)はい。ファッション誌のモデルをやっていました。

(さんまさん)今後は、女優さんを目指すの?目指している人はいる?



以上が、『踊るさんま御殿』の中での、ヒトコマでした。


会話の間の相槌などは省略していますが、
大まかな会話の流れは、こういった具合に、話が進んでいました。


実は、この話の流れで、さんまさんはコミュニケーションのテクニックを使っています。



さんまさんが使うコミュニケーションのテクニック


実は、さんまさんはこんな風に、話を構成しています。


(現在の話)→(過去の話)→(未来の話)→(現在の話)


(現代の話)から始まり、(過去の話)に振って、(未来の話)をします。
そして、最後に(現代の話)に戻るのです。


実は、この話の流れは、カウンセリングの流れを組むコミュニケーション手法なのです。
あなた自身に置き換えてみると、いかがでしょうか。


「現在」、「過去」、「未来」を共有されると、
なんだか親近感がわきませんか?


これは、心理学的なアプローチとして、とても有名なものですが、
一瞬でコミュニケーションが取れている状態を
作り出すことが可能なテクニックなのです。


最初のうちは、難しいかもしれませんが、
少し意識して行うだけで、とても簡単なものですよ。


常に第一線で活躍している人のコミュニケーション能力を観察していると、
本当にいろいろなことに気づくことになります。


売れっ子の方には、それだけの理由があるように思うものです。


コミュニケーション能力をスクールで学ぶ

▲ このページのトップにもどる