コミュニケーション能力のある人、ない人

会話が続く人の3つの特徴


知らないだけで損をしているかもしれません


会話が続かない人の3つの特徴

会話が続かないことで悩んでいる方が多くいらっしゃることと思います。
特に、初対面の方との会話が続かないことで悩んでいる方がいるのでは
ないでしょうか。


または、中には異性とのコミュニケーションで、
会話が続かないことで悩んでいる方もいらっしゃる事と思います。

 
そこで、本日は、会話が続かない人の特徴から、
会話が続く人の特徴として、3つ紹介したいと思います。

 

1.相手の背景を知る


まずは、相手の背景を知りましょう。
学生時代に何をやっていたのか?
今の仕事は何か?
趣味はあるのか?
スクールに通っているものはあるのか?


まずは、この点から糸口を掴んで、
会話が広がるようにしましょう。



2.テンポよく話題を変える


話が長いと、とてもだるくなります。
わたしもそうなのですが、あまりしつこく同じ話をしないようにしましょう。


そこで、とにかくテンポよく話題を変えていきましょう。
話題を変えたところで、異性が食いついてきたら、
そこを掘り下げればいいだけです。



3.意識しすぎない


相手は、実はそこまであなたの話を覚えていないものです。
ですから、数撃ちゃ当たるではないですが、とにかく話題を振ってみましょう。


そうすると、どっかのタイミングで相手にとって、
ヒットする話の内容を知ることができると思います。


いかがでしたか?
今、挙げた会話を広げるための3つのコミュニケーションから、
ひとつでも実践して頂ければ、結果は変わってくると思います。

 
さらに、3つの考え方に加えて、
相手との共通点を見つけるということも行いましょう。


共通点がある人とは、親近度が増します。


この点も、同時に考えて行動することができると、
さらに効果的です。

 
友人のプチナンパ師が言っていたことですが、
女の子と会うために、とにかく声をかけまくることを行うようです。


結果として、ある程度の確率で引っかかる女の子がいるとのこと。
そのタイミングが来るまで、待っていればいいだけなのだと言います。


ナンパで大切なこととは、まずは数をこなすことなのです。

 
もしかすると、会話が続かないのも、
会話のアプローチをしない事が原因なだけかもしれません。


とにかく、行動あるのみです!
ぜひ、実践してみてくださいね。

 
コミュニケーション能力をスクールで学ぶ

▲ このページのトップにもどる